大学附属中学高校はバツ

本田哲也とtoBe塾卒生
本田哲也とtoBe塾卒生

 

志望校は大学受験から逆算しましょう

~~~~~~~~~~~~~~~~

toe塾では、志望中学・志望高校は、偏差値やブランド性にとらわれずに、大学受験あるいは就職から逆算して、大学受験/就職に、現実的に、有利な中学・高校を選定することを、小中学生と親御さんに推奨してまいりました。

理由は、最終学歴は、卒業高校ではなく、卒業大学になるからです。

 

 

大学附属・系列中学高校でお奨めは早慶のみ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

早稲田大学と慶応大学の附属・系列中学高校に合格可能な受験学力を有するお子さんには、それらの中学高校を受験することをお奨めします。

この2大学は、算数数学が得意なお子さんの場合は、大学からよりも中学高校からのほうが、入学し易いからです。

 

いっぽう、これら難関2大学以外の大学--G-MARCH、成成獨国明学、日東駒専ほか--の附属・系列中学高校は、お奨めしません。

これらの学校は、大学から入学するほうが、ずっと楽です。

これらの学校の中学受験・高校受験の偏差値は高いのに、大学受験の偏差値は低いです。

文科系なら大学入試科目は英国社だけで、数学も理科も出題されません。

 

加えて、G-MARCH、成成獨国明学、日東駒専ほかの大学付属・系列高校は、入学後の勉強の厳しさが、年々増す傾向にあります。

難関大学への一般受験を、附属高校側が促す傾向が、年々強まっているためと思われます。

附属・系列大学に内部進学するのに必要な成績をキープするには、毎日数時間の、主体的な自宅学習が不可欠です。

しかし、諸般の事情で、それが出来なくなり、留年や退学するケースは、希ではありません。

その後は、ニートになったり、これらの大学よりも偏差値のずっと低い大学を卒業することになるお子さんも、実際には少なくありません。

(toBe塾では、そうしたお子さんを、これまで多数おあずかりしてきました)

以上の理由から、早稲田大学と慶応大学以外の 〈大学附属・系列中学高校〉 の受験は、基本的には、お奨めしておりません。

 

 

中堅大学の推薦入学をめざす場合

~~~~~~~~~~~~~~~

早慶の附属・系列中学高校は除いて、toBe塾では、高校入学後の学年席次が 〈上位1割以内をキープできる中学高校〉 を選択することを推奨しています。

もちろん 〈校内に漂う雰囲気が自分とバッチリ合っている〉ことが、第一に優先すべき、絶対必要条件であることは言うまでもありません。

そうした中学高校は、親御さんとお子さんにとっては〈偏差値の低い学校〉 〈入学の容易な学校〉 なので、抵抗感があるかもしれませんが、そうした学校に入学して 〈指定校推薦〉 を得て、結果的に、就職率のよい中堅大学に進学するのは、将来をよく考えた賢明な選択肢のひとつであると思います。

〈学年席次上位1割以内をキープできる高校〉に入学すると、何より勉強に熱が入りますし、部活と学校行事と高校生活を謳歌できます。

 

 

難関大学の一般受験をめざす場合

~~~~~~~~~~~~~~~

医師や弁護士をめざすお子さん、あるいは東京大学、上智大学、東京理科大学など、難関大学をめざすお子さんの場合は、〈定期試験の直前2週間だけ猛勉強すれば、留年の心配は全く生じない〉 程度の高校に進学されることを推奨しております。

この前提は、次のようなものです。

大学受験勉強は、英語や歴史は学習支援サイトtoBeの無料テキスト&YouTube授業で学び、

理系の数学や理科などは予備校で学ぶ。

高校は部活と学校行事を満喫するための機関と期間、と割り切る。

なぜか。高校教師の大半は大学受験指導の素人だからです。

高校の授業も課題も宿題も、大学受験の役に立たないばかりか、むしろ大学受験のマイナスになることも少なくありません。

とりわけ、高校の大学受験英語指導は、絶望的です。

大学受験の要は英語ですが、高校に入学すると、大学受験の英語力は低下します。

 

 

この画面トップにもどる

 

 

【受験の心得】トップページに戻る

 

 

【学習支援サイトtoBe】のHOMEに戻る

 

 

 

学習支援サイトtoBe

英文法ゲーム104

アマゾンレビュー↑クリック
アマゾンレビュー↑クリック

『英文法ゲーム104』当サイト制作者・本田哲也の著書タイ語版の印税はタイ赤十字に寄付

レビュー 

大学院受験英語ルウレ方式

アマゾンレビュー↑クリック
アマゾンレビュー↑クリック

大学院受験

英語長文読解

『ルウレ』

本田哲也著

レビュー