バイパス英語テキストの考え方

YouTube復興支援バイパス無料授業より
YouTube復興支援バイパス無料授業より

「主部」、「述語」、「動詞」、「can系語」、「on系語」

という言葉は、該当ページで説明します

 

    

 

バイパス英語テキストは、

次のような考え方で作られています。

 

 

 

 

 

★英語の文の基本構造は、主部+述語+その他 です。

 

★英語力を伸ばすのに一番大事な力は、述語を見つける力 です。

 

★長くて難解な英文も、わずか70単語で述語が見つかります。→述語を見つける70語

 

★まず最初に述語を見つけて( )で囲み、その直前を「~は,が」と言い切ります。

 

 

 【述語を見つけるコツと手順】

 

 1.文頭から視線を右へ移動し、

 2.最初に登場する動詞かcan系語を( )で囲みます。

 3.( )の直前までの語群を「~は」と言い切れれば、

 4.( )が述語で、その直前までの語群が主部です。

 5.「~は」と言い切れなければ、次に登場する「動詞」か「can系語」を( )で囲みます。

 

述語を見つける力を上げるために、ゴツゴツした直訳を記述します。

 

 【直訳を記述する手順】

  ( on系語とは on, for, with などの約30語で、< >で囲み、後から前へ直訳します)

 

 1.まず、(述語)を見つけて、その直前までの単語群を「~は、」と記述します。

 2.次に、<on系語>を目印に、文章の後方から前方に向かって訳を記述し、

 3.最後に、(述語)を訳します。

 

この画面トップに戻る

 

学習支援サイトtoBe

英文法ゲーム104

アマゾンレビュー↑クリック
アマゾンレビュー↑クリック

『英文法ゲーム104』当サイト制作者・本田哲也の著書タイ語版の印税はタイ赤十字に寄付

レビュー 

大学院受験英語ルウレ方式

アマゾンレビュー↑クリック
アマゾンレビュー↑クリック

大学院受験

英語長文読解

『ルウレ』

本田哲也著

レビュー